ケノン 全身脱毛

ケノンで全身脱毛が出来るのか正直に答えます

家庭用脱毛器「ケノン」は、楽天週間売上脱毛器ランキングで245週連続で一位を取っている人気の脱毛器。

 

(*2012/3/21〜2016/11/23まで。現在連続更新中)

 

ケノンの公式サイトには「全身脱毛がほぼ出来る」とまで商品紹介されています。

 

 

しかし様々な脱毛器を検討している立場からすれば、どこの脱毛器の公式サイトを見ても同じようなことが書いてあるし、だいたい「ほぼ全身脱毛のほぼってどこまでよ?」って思いますよね(笑)

 

私も脱毛サロンから家庭用脱毛器へ乗り換えしようと思っていた時、同じ疑問を抱いていました。

 

そこでケノン愛用者の私が「ケノンで全身脱毛ってどこが出来てどこが出来ないのか?」徹底的に解説したいと思います。

 

家庭用脱毛器で本当に全身脱毛できるの?」と困っているあなたの参考になれば嬉しいです♪

 

 

 ケノンの脱毛効果〜私が体験したことを全部話すよ〜

ケノンで全身脱毛徹底解説!【簡単な部分と難しい部分】

ケノンのことを調べると「ケノン一台で全身脱毛出来る」というレビューや口コミを数多く見かけると思います。

 

しかしケノンは自分自身で機器を操作し脱毛する「家庭用脱毛器」

 

いくらケノンの脱毛効果が優れているとは言え、脱毛したい個所によっては向き不向きがありますよ。

 

 

脱毛サロンから乗り換えて三年弱ケノンを使用して脱毛している私が

 

 

ケノンで脱毛することが簡単な部分
ケノンで脱毛することが難しい部分

 

 

実際に使用してみてどういう感じだったのか、包み隠さず紹介したいと思います。

 

 

 

【ケノンで脱毛することが簡単な部分】

 

顔の脱毛

ケノンで顔の脱毛は本当に簡単!

 

初心者の方でも問題なく照射することが出来ますよ♪

 

ケノンで顔の脱毛をする時のコツは「カートリッジを使い分けること」

 

少し面倒くさいのですが、私の場合は頬のように脱毛範囲が広い部分にはエクストララージのカートリッジ。

 

鼻下のように脱毛範囲が狭い部分にはスリムカートリッジを使用しています。

 

顔の脱毛は慣れるまでたまに痛いと感じるのですが「痛い」と言っても眉毛を毛抜きで抜くときに失敗して「イテッ!」となる程度の痛みですよ、安心して使用してくださいね。

 

 

 ケノンに新カートリッジ・プレミアムカートリッジが誕生!

 

 

ウデの脱毛

これもとても簡単で問題なく照射することが出来ます。

 

目で確認しながら照射出来る場所は全然怖くないですよ。

 

初めは「利きウデの方は大丈夫かなぁ〜?」と思っていたのですが、ケノンは脱毛時に持つハンドピース部分の重さがとても軽い!

 

その重量はなんと「120g」です。

 

 

身近な重さで例えば

 

米一合=150g
単一電池=140g
パソコンのマウス=100g
野球ボール=140g
文庫本=150g

 

 

どれだけケノンのハンドピースが軽いか感じてもらえたでしょうか?

 

これだけ軽いと利き腕でなくても軽々操作が出来ますよ。

 

 

ケノンでウデの脱毛をする時のポイントは、指など細かい部分にはスリムカートリッジを使うこと!

 

照射漏れを起こすことなくスムーズに脱毛することがで出来ます。

 

ケノンなら二の腕の裏の部分など見えにくい場所も、余裕で照射することが出来ますよ♪

 

 

 

ワキの脱毛

ワキに関してはもうめちゃくちゃ簡単です(笑)

 

エクストラカートリッジで3〜5発照射すれば片ワキ完了ですよ♪

 

両ワキでも時間にして5分程度。

 

カミソリでムダ毛処理するのと全く変わりません。

 

脱毛効果の方は、私はワキに二回照射(二週間に一回×2)でムダ毛が激減して、三本ほどちょろちょろ生えてる感じになりました。

 

 

お腹周りの脱毛

お腹周りはムダ毛自体はあまり濃くないのですが、範囲が広いので少し根気が要ります。
(ヘソ周りとかの産毛ですね)

 

しかし身体の表面はしっかりと見ながら操作出来るので、照射自体はとっても簡単ですよ♪

 

私のお腹周りは産毛程度、時間があるときにパパッと照射しています。

 

 

ヒザ上ヒザ下の脱毛

足周りに関してもとっても簡単に出来ます。

 

しかしこちらもお腹周りと同じで範囲が広いため、少し根気が必要。

 

脱毛サロンで施術してもらう場合と時間のかかり方は変わりませんが、脱毛にかかる金額に大きな差が出るので「安く脱毛できるんだぞ!」と思いながらやってます(笑)

 

ちなみに私の場合は、足は体の中でも痛みに弱い部分ではないのでレベル10でガンガン照射していますよ。

 

スネはケノン三回照射(二週間に一回×3)で急激に生えるスピードが落ち、ヒザはケノン一回照射(二週間に一回×1)でムダ毛が生えなくなりました。

 

 

 

 

【ケノンで脱毛することが難しい部分】

 

背中の脱毛

背中はどうしても自分じゃ見ることも出来ないし、手も届きにくいので難しいです。

 

合わせ鏡でやったとしてもうまく手が回らないんですよねぇ・・・。

 

脱毛自体は使用可能な個所ですので、もしケノンで背中の脱毛をしたければ家族の方や友人なんかに頼んだほうが照射漏れを起こすことなく確実に処理できますよ♪

 

私の場合背中はほとんどムダ毛は無いので、自分でやったけど上手くいかなかったので家族に何度か照射してもらった程度です。

 

お尻の脱毛

お尻の脱毛は姿見の大きな鏡の前でやるのですが、めっちゃ間抜けです(笑)

 

出来ないことは無いのですが、少しやりにくいかな?

 

お尻の脱毛をするときは必ずカーテンを閉めてやりましょうね(笑)

 

人に頼むのも恥ずかしいし、脱毛のしやすさで言えば難しい場所と言えるでしょう。

 

 

 

【ケノンで脱毛特別編】

 

VIOの脱毛

Vラインに関しては体の表側ということもあり簡単に処理することが出来ます。

 

そしてVIOを照射する際の「VIO用ガイドシート」がネットなどで販売されていますので、こちらを利用すると安心して照射することが出来ますよ。

 

(とっても分かりやすくて使いやすいです)

 

 

しかしIラインとOラインに関しては微妙・・・。

 

 

これは難しいというよりも、ケノンの説明書でIラインとOラインへの使用は控えるように注意されているんですよ。

 

 

 ケノンの安全性は本物?脱毛無料相談ダイアルに直接質問!

 

 

実際に使用されている方は多くいるようですが、IラインとOラインに関してはもし使用するなら自己責任と言った感じです。

 

敏感かつ粘膜部分ですから、唇や舌に熱いお湯をかけるような感じじゃないでしょうか?

 

私はVラインしか使用していないのであれですが、どうなんですかね・・・デリケートゾーンはどこまでツルツルにしたいかは個人差があるので何とも言えません(笑)

 

ケノンで全身脱毛は低コスト高パフォーマンス!

ケノンで全身脱毛すると言っても、簡単な部分と難しい部分があることが分かってもらえたと思います。

 

どこまで全身脱毛したいかは人によってまちまち。

 

しかし脱毛したい個所の主要部位である「顔・足・ウデ、ワキ・指・Vライン」は、ケノン一台あれば簡単に脱毛することが出来ますよ!

 

ケノンは脱毛サロン以上の脱毛効果(があると私は感じています)があるのに、お財布にはとっても優しいんです。

 

 

私が使っている家庭用脱毛器「ケノン」で全身脱毛をした場合

 

本体価格 69,800円(2017.5現在 新脱毛用カートリッジ付属)
全身脱毛1回ショット数 約538ショット
カートリッジ1つのショット数 約10,000発(最高出力レベル10・サロン並の場合)
カートリッジ1つの全身照射数 10000発÷538ショット=全身照射18.5回分

 

ケノンで全身照射するために一回で消費する部分ごとのショット数

 

20〜30ショット程度
両ワキ 6〜8ショット程度
両二の腕 20〜30ショット程度
両手 10〜20ショット程度
両ひじ下 50〜60ショット程度
ひざ上 170〜200ショット程度
ひざ下 150〜170ショット程度
Vゾーン 10〜20ショット程度
全身一回合計ショット数 538ショット程度

 

 

 

有名脱毛サロンで全身脱毛をした場合

 

サロン名 6回コース 12回コース 通いたい放題
シースリー 95,000円 190,000円(13回) 382,400円
銀座カラー 296,600円(8回) 318,00円 339,400円
キレイモ 123,120円 229,003円 382,000円
ラ・ヴォーク 105,600円 200,640円 なし
脱毛ラボ 129,333円 226,778円 なし
エピレ 190,188円 372,276円 なし
ミュゼ 272,160円 約500,000円 なし

*2017年5月現在の価格・税込

 

 

脱毛サロンとケノンの場合で全身脱毛へかかるお金の差は一目瞭然ですね。

 

 

ケノンで全身脱毛をオススメする人は

 

 

低コストで高い脱毛効果を得たい人
脱毛主要部位を脱毛したい人(顔・足・ウデ、ワキ・指・Vライン)

 

 

ケノンで全身脱毛をオススメしない人は

 

 

部分的な脱毛をしたい人
(ワキだけとかならサロンの方が安いです)
背中やお尻、IOラインなど、自分では難しい部位に重点を置いて脱毛したい人

 

 

低コスト高パフォーマンスな全身脱毛を叶えたいなら、家庭用脱毛器「ケノン」は最適な脱毛器ですよ♪